2018年下半期。北海道の夏を快適に過ごすために

2018年。前半が終わった。
子どもの頃は1日が長く、こんなに長い日が何十年も続くなんて正直うんざりだった。
しかし、大人になってみると1日はとても短く、気付くと人生も半ばまできてしまった。
残り半分しか命がないのかと思うと、ここからどれだけ充実した人生を送れるのかと考えてしまう。
毎日流されるように時間が過ぎ、極端な話、起きたらもう寝る時間だ。
そしてあっという間に1日が終わる。
しかし、こうやって節目を考える時間を持てることは心の余裕があり、ここから何かを変えることができるはずだ。
これから半年、私は何をして過ごしていこう。
北海道の夏は短い。
まず夏を楽しまなければいけない。
すぐに楽しめそうなものはビアガーデンだ。
友人が行きたいと言っていたので「一緒に行こうよ」と誘ってみた。
しかし、ビアガーデンだけだろうか。
北海道は外で楽しめる時期が決まっているので、どうしても屋外で楽しむことばかりをメインで考えてしまう。
家でできることはないだろうか。
カラっと晴れるようになったら家中の窓拭きをしたい。
窓拭きというと年末の大掃除のイメージだが、年末は結露が多いため、窓拭き掃除をしても効率が良くない。
夏であれば拭きあがりもスッキリするだろう。
窓の桟の掃除もできる。
できる限り家中の換気もできる。
なんだかとっても気持ち良さそうだ。
2018年後半と言っても夏のことしか今は考えられないが、半年計画を立てるよりは、2~3ヶ月といった区切りが年齢的にもちょうどいいのかもしれない。キレイモ ローン